FC2ブログ

MercedesBenzのファンサイト!【BenzFan Blog】

メルセデスベンツ(MercedesBenz)のいろいろなニュースをまとめています。ベンツのスクープ画像や新型車、スクープ情報あり!

ベンツ極上メンテナンス
ベンツ極上メンテナンス
メルセデス・ベンツCクラスのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポーテッドシリーズ vol.)
メルセデス・ベンツCクラスのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポーテッドシリーズ vol.)
Mercedes-Benz AMG 40th Anniver―オールAMG完全保存版2008 (CARTOP MOOK)
Mercedes-Benz AMG 40th Anniver―オールAMG完全保存版2008 (CARTOP MOOK)
ベンツで天国ベンツで地獄―誰にも書けないメルセデスベンツの裏話
ベンツで天国ベンツで地獄―誰にも書けないメルセデスベンツの裏話
日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術
日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術
新型メルセデス・ベンツCクラス―まるごと一冊、新しいCクラスのすべて。 (GAKKEN MOOK)
新型メルセデス・ベンツCクラス―まるごと一冊、新しいCクラスのすべて。 (GAKKEN MOOK)
メルセデス・ベンツカスタム&チューニング (Special cars)
メルセデス・ベンツカスタム&チューニング (Special cars)
メルセデス・ベンツ ウイークポイント&トラブル対策バイブル 新ガレージメンテナンスシリーズ (1)
メルセデス・ベンツ ウイークポイント&トラブル対策バイブル 新ガレージメンテナンスシリーズ (1)
osadasoft

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■便利リンク
・新車見積 : メルセデスベンツなどE-mailで新車見積依頼してみる
・中古車検索 : メルセデスベンツ ほか中古車の検索をしてみる
・愛車査定依頼 : 愛車の買取価格を一括して査定依頼してみる
・自動車保険見積 : 自動車保険の見積を一括依頼してみる
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2009.10.17.[ Sat ]

新型Eクラスステーションワゴンは3様の中から選べる。買うなら、やはりAMGがかっこよくて満足度が高い

メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン 新型…3車3様の個性

ダイムラーは12日、新型メルセデスベンツEクラスエステート』(日本名:『Eクラスステーションワゴン』)を、11月から欧州で発売すると発表した。

ダイムラーが新たに公表した写真から、新型の詳細を紹介する。

新型は、1月にモデルチェンジを受けた「Eクラスセダン」をベースに、伸びやかなステーションワゴンフォルムを構築。

ボディサイズは全長4895×全幅 1854×全高1471mmで、Eクラスセダン(全長4868×全幅1854×全高1470mm)と比較すると、27mm長い。

1854mmの全幅と 2854mmのホイールベースは共通だ。

テールランプは、セダンと共通イメージでまとめられた。

荷室容量は、最大1950リットル(VDA計測法)を確保。

新型から簡単にリアシートが折り畳める「クイックホールド」機能が付いた。

これは室内側からだけでなく、荷室側からもシートの折り畳み操作がワンタッチでできる機能だ。

また、「イージーパック」システムも採用。

電動開閉式リアゲートの動きに連動して、トノカバーも自動的に巻き取られ、使い勝手を高めた。

荷室フロア下には、サブトランクが設けられる。

エンジンはセダンと共通で、ガソリンとディーゼル合わせて全10ユニット。

排出ガス性能は、全機種がユーロ5に適合している。

駆動方式はFRを基本に、一部グレードには4WDの「4マチック」が設定された。

セダンとのメカニズムの大きな違いは、リアサスペンション。

積載する荷物の重量にかかわらず、車高を一定に保つセルフレベリング機能を組み込んだ。

さらに「ダイレクトコントロール」と呼ぶアダプティブダンピングシステムも採用。

セダンと同じく、高いハンドリング性能と乗り心地を追求する。

安全面はセダンと同様に、9個のエアバッグをはじめ、「アテンションアシスト」「ディストロニックプラス」「プレセーフ」「ネックプロ」など、万全の備えを見せる。

新型Eクラスステーションワゴンは、11月から欧州主要国で販売開始。

ドイツでの価格は4万1947ユーロ(約560万円)からだ。

今回公表された写真は、ベージュが「エレガンス」、ブルーが「アバンギャルド」、ブラウンが「AMGスポーツパッケージ」。

3車3様の個性が確認できる。


新型Eクラスステーションワゴンは3様の中から選べる。
買うなら、やはりAMGがかっこよくて満足度が高い


メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン 新型…3車3様の個性 2009年10月16日(金)

■便利リンク
・新車見積 : メルセデスベンツなどE-mailで新車見積依頼してみる
・中古車検索 : メルセデスベンツ ほか中古車の検索をしてみる
・愛車査定依頼 : 愛車の買取価格を一括して査定依頼してみる
・自動車保険見積 : 自動車保険の見積を一括依頼してみる
スポンサーサイト
  1. Category:MercedesBenz新型車|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2009.10.16.[ Fri ]

E63AMGステーションワゴンはワゴンの形をしたスーパーマシンだ。E63AMGワゴンは、もちろん燃費も考慮された実用車でもある

■[写真蔵]メルセデスベンツ E63AMGエステート…ワゴン形のスーパーカー

ダイムラーは12日、メルセデスベンツ『E63AMGエステート』(日本名:『E63AMGステーションワゴン』)の追加写真を公表した。

E63AMGステーションワゴンは、9月のフランクフルトモーターショーで初公開。

エンジンはセダンの『E63AMG』と同じく、AMGオリジナルの6208cc・V8を搭載する。

このエンジンは旧型に対して、吸排気系の変更や低フリクションピストンの採用などの改良を実施。

最大出力525ps/5800rpm、最大トルク 64.2kgm/5200rpmを発生する。

旧モデルと比較すると最大トルクは変わっていないが、最大出力は11psアップ。

燃焼効率の見直しも図られ、燃費は約12%改善。

欧州複合モード燃費は7.8km/リットルを達成する。

トランスミッションは、『SL63AMG』にも採用済みのパドルシフト付き「AMGスピードシフトMCT7」。

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを使用した7速ATで、「C」「S」「S+」「M」の4 モードを備え、Mモードでは0.01秒という瞬時のシフトチェンジを可能にする。

レーススタートやレブマッチング機能も導入された。

新型Eクラスは、V6とV8搭載車がコラムシフトとなるが、E63AMGはフロアシフトの「AMGセレクターレバー」で、ワンタッチの電気式シフトとなる。

運動性能は世界屈指。

0 - 100km/h加速は4.6秒、最高速は250km/h(リミッター作動)で、0 - 100km/h加速は、セダンの0.1秒遅れでしかない。

オプションでリミッターの解除が可能で、この時の最高速は300km/hに到達する。

まさにスーパーカー並みの性能だ。

新型は、2010年2月に欧州で販売開始。

ドイツでの価格は10万8409ユーロ(約1440万円)からだ。

追加写真からは、AMGならではのエクスクルーシブな雰囲気が、存分に伝わってくる。


E63AMGステーションワゴンはワゴンの形をしたスーパーマシンだ。
E63AMGワゴンは、もちろん燃費も考慮された実用車でもある
日常的に使う車でも動力性能が欲しいお金持ちが足として買いそうな車だ


[写真蔵]メルセデスベンツ E63AMGエステート…ワゴン形のスーパーカー 2009年10月14日(水)

■便利リンク
・新車見積 : メルセデスベンツなどE-mailで新車見積依頼してみる
・中古車検索 : メルセデスベンツ ほか中古車の検索をしてみる
・愛車査定依頼 : 愛車の買取価格を一括して査定依頼してみる
・自動車保険見積 : 自動車保険の見積を一括依頼してみる
  1. Category:MercedesBenz新型車|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2009.10.13.[ Tue ]

MercedesBenz E-Classに先進の4WDシステム搭載のE350 4MATICが追加された。走行安定性を求めるならこれかな

■メルセデスEクラスに4WDモデル追加

メルセデス・ベンツ日本は13日、新型Eクラスセダンに4WDモデル“E350 4MATICアバンギャルド”を設定し、同日販売を開始した。

E350 4MATICアバンギャルドは、小型軽量化を図った新設計のフルタイム4輪駆動システムと4輪それぞれのブレーキやエンジン出力を制御する4ESPの組み合わせにより、優れた走行安定性と操縦安定性を追求した、新型Eクラス初の4WDモデルだ。

新しい4MATICシステムは、前後トルク配分が45:55と、後輪を若干多めに駆動するのが特徴で、これによりハンドリング性能を高めながら走行安定性を向上させた。

また、小型軽量化を図ったトランスファーシステムの採用により、後輪駆動モデルと同等の室内空間を確保し、車重の増加も最小限に抑えるなど、実用性を犠牲にしていないのもセールスポイントとなっている。

燃費向上とCO2削減に向けたメルセデス・ベンツの最新技術“ブルーエフィシェンシーテクノロジー”も採用。

駆動ロスを減らした省エネタイプのパワーステアリングポンプやオルタネーター、燃料ポンプ、転がり抵抗を減らしたタイヤ、空力性能を高めるエアロダイナミクスパーツなどが採り入れられている。

その結果、E350 4MATICアバンギャルドは、国土交通省による平成17年度排出ガス基準75%低減レベル認定を取得している。

価格は、895万円。

ステアリングは、左ハンドル仕様のみとなる。


MercedesBenz E-Classに先進の4WDシステム搭載のE350 4MATICが追加された。
走行安定性を求めるならこれかな?


メルセデス・ベンツ、Eクラスに4WDモデル追加 2009年10月13日(火)
メルセデスE63AMGワゴンが本国で発表 2009年10月13日(火)
メルセデスEクラスに4WDモデル追加 2009年10月13日(火)

■便利リンク
・新車見積 : メルセデスベンツなどE-mailで新車見積依頼してみる
・中古車検索 : メルセデスベンツ ほか中古車の検索をしてみる
・愛車査定依頼 : 愛車の買取価格を一括して査定依頼してみる
・自動車保険見積 : 自動車保険の見積を一括依頼してみる
  1. Category:MercedesBenz新型車|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

ガソリン安くなる
クレジットカード
出光
NTTグループカード
年会費永年無料
入会で500円分QUOカード
コスモ
コスモザカード オーパス
年会費永年無料
入会で最大500円分キャッシュバック
昭和シェル
シェル スターレックスカード
シェルのガソリン割引!
お買い物も割引!

ETCカード付き
クレジットカード
全会社対応
CFカードROUTE2000
全会社のガソリン安い
ロードサービス無料
E-NEXCO PASSカード
ETC利用でポイント
24時間ロードサービス付き
高速代も安くなる
NTTグループカード 年会費永年無料
ドコモ携帯料金が最大60%OFF
入会で500円分QUOカード
住信VISAカード
24時間ロードサービス付き
海外旅行傷害保険付き

自動車保険
一括見積
インズウェブ
最大20社一括見積
もれなく500円マックカード
カービュー
最大9社一括見積
保険スクエアbang!
最大15社一括見積
オートバイテル・ジャパン
最大15社一括見積

愛車買取査定
一括依頼
カービュー
最大6社一括査定
オートバイテル・ジャパン
最大5社一括査定
車買取比較.com【ウェブクルー】
最大8社一括査定

 | HOME |  NEXT »


BenzFan
Mercedes Benz News
メルセデスベンツのニュース

広告

こまもの本舗 EPSON、Canon、brother洗浄カートリッジモニター募集

BenzFan
Mercedes Benz News
最近のメルセデスベンツニュース
アーカイブ

BenzFan
Mercedes Benz News
最近のメルセデスベンツニュース
カテゴリ

メルセデスベンツ
中古車検索


メルセデスベンツ関連リンク

メルセデスベンツ関連検索

■Mercedes Benz News
Calender

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■BenzFanについて

BenzFan
Mercedes Benz News
最近のメルセデスベンツニュース
コメント

BenzFan
Mercedes Benz News
最近のメルセデスベンツニュース
トラックバック






サーチエンジン!
アクセスアップ.COM
SEO対策 相互リンク NEWS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。